Translate

2016年10月27日木曜日

30年以上の販売実績!ナンデス。

今日、ご紹介するのは
当店自慢?の手作りのお薬シリーズ、「解熱鎮痛薬7号A」

薬局の職員の間では「7号」と略して呼んでいるお薬で、イブプロフェンが主原料の解熱鎮痛剤です。

手作りのお薬は名前のとおり「手作り」なので、錠剤は作れません。でも、この解熱鎮痛は「粉薬だからこその即効性」があり、リピーターもついているほどの売れ筋のお薬なんです!



オススメなのは生理痛や肩や背中の凝りからくるような緊張性頭痛。

イブプロフェンのほかにケイヒ(桂皮)とショウキョウ(生姜)の生薬が配合されていて、血流促進効果や冷え防止効果により、すばやく生理痛や頭痛を和らげてくれます。

実は、私も生理痛が酷くて、市販の薬や病院でもらうような薬ではあまり効かないのですが、この7号があれば、30~1時間ほどでピタッ!と時間を計ったように効いてくれるので常備しています。

海外出張の時も絶対に話せない薬になっています。

これから寒くなってくる時期に、生理痛や頭痛が酷くなる方には特におすすめ。

痛み止め、いろいろ試したけどこれといっていいのが無いというご経験の方も、ぜひ一度お試しください!

2016年10月23日日曜日

救急箱を備えましょう

金曜日の鳥取の地震は本当にびっくりしました。
現地で被災された方にはお見舞い申し上げます。
早い復興を心からお祈りいたします。

さて、相次ぐ震災で「避難セット」なるものをご自宅に置いておられる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

では、お薬はどうですか?

ご自宅に緊急時に必要なお薬は置いてありますか?

80年代ころまでは皆さんのご自宅に「救急箱」はありませんでしたか?

風邪薬、痛み止め、胃薬、咳止め、下痢止め、傷薬、絆創膏、ガーゼ、包帯、などなど

そんな薬がご自宅にあって、「歯が痛い」っていうと「これ飲みなさい」といって母親から薬を渡された昔の記憶はないですか?

近年は、夜10時まで空いているドラッグストアが増え、自分で薬を買うよりも病院に行ったほうがいいという考えの方の増えてきて、自宅に薬を置いておくという習慣が減ったように思います。

あなたのご自宅にはそんな薬が入った救急箱、今ありますか?

「ちょっと咳がでてきたな~」
「急に外が寒くなってきて頭痛がする」

そんなときも、救急箱のお薬でチャチャっと速攻解決しましょう!


災害が起こった時も、軽い怪我や頭痛や胃痛も起こりやすくなるもの。
自宅に救急箱があるととっても便利!

風邪かなと思った時や、ちょっとした傷や頭痛、食べすぎやストレス時の胃痛は自宅の救急箱のお薬でチャチャっと直しましょう!

そんな時は薬局セブンファーマシーの手作りのお薬がお勧め!



どのお薬を置いておこうかなと思ったときは、いつでも薬局セブンファーマシーへお越しください!


2016年10月16日日曜日

すい臓がん予防にDHA !

さて、昨日の某TV番組で、「すい臓がんの予防にDHAが有効だ」というお話が出ていたの、皆さんご覧になられましたでしょうか?

そうなんです!DHA なんです。魚の油何です~~

「魚の油といえばEPAじゃないの?」とおっしゃる方も多いのではないでしょうか?

EPAは中性脂肪を下げるお薬として、病院でもらうお薬や、「エパデールT」として大正製薬から販売されていますね。

でも、皆さんご存知のように、健康食品やサプリでEPA,DHAの文字が書かれた商品があちこちで販売されていますよね。値段もピンキリ!

「どう違うの?」

もともと、魚の油にはDHAもEPAも両方含まれているんですね。

で、想像してみてください。
どうやって魚の油を抽出するのか?
菜種油のように魚を搾る?そんなことしたら、魚は植物とは違います。内臓や骨、身の部分、皮、いろいろな部位がありますし、油以外の物もいっぱい混じってしまいます。

簡単に言うと、その魚から「綺麗な油だけを抽出し精製する技術」によって、健康食品の値段は変わります。ですから、DHAやEPAを含む健康食品の成分表示は「精製魚油」となっているんです。


さて、では医薬品のエパデールはというと、精製した魚の油から、さらにEPAの成分(イコサペント酸エチル)だけを抽出し、精製し、日本薬局方という「日本の薬の基準」に準じて、試験をして成分量を確認、定量をしたものを製品にしたのが「エパデール」という「医薬品」になるわけです。

では、どっちがいいのか?
当薬局の答えは、「高い技術で、綺麗に精製された”精製魚油”がオススメ」です。
確かにEPAそのものは中性脂肪を下げる効果があることが証明されていますが、だからといってDHAが必要が無いかといえば、そうではないと思うのです。
やはり、できるだけ食品に近い形で摂取する方が【総合的な作用】が期待できると思いませんか?

「でも、EPAやDHAを含む健康食品は値段もバラバラで種類も有りすぎて選ぶのが困る((+_+))」

そんな方も多いのでは?
ポイントは二つ
①成分表示をきちんと読む(「精製魚油」の表示、DHAxx mg EPA xx mgという表示があるかどうか)
②薬局やドラッグで薬剤師や登録販売者に製品の違いを相談する。

健康食品はネットやスーパーでも購入できますが、やはり薬局やドラッグストアで相談することが一番です。
相談の際は、必ず名札を確認し、薬剤師や登録販売者であることを確認しましょう。

健康食品の値段は原料の品質に比例します。

これは、どんな商品にも言えることなんですが、品質に関わらず「値段が高い方が売れる」という理由で価格を高めに設定している商品もあります。

では、どうやったらいい健康食品を選べるのか。

健康食品はその製造業者さんと密に情報交換をしている薬局で買うのが一番なんです。

薬局で健康食品の相談をしてみて下さい。いろんな答えが返ってきます♪

ちなみに当店のオススメは
日水製薬のシーアルパシリーズ。

予算に応じて、シーアルパ100、シーアルパ30をお選びいただけます。
質の良い魚油を、継続的に摂取することをお勧めします。
またシーアルパ100は認知症の研究調査でも使用された、「研究者も認める高品質」で、脳内の血管の血流改善が期待されるイチョウ葉エキスも配合!総合的な「全身の血流改善」が期待できます。

お気軽に、薬局セブンファーマシーまでご相談にお立ち寄りください。
お待ちしております(^^♪

2016年10月8日土曜日

家庭薬講座@小児用風邪薬は置いておきましょう!

空が秋らしくなり、夜風が少し肌寒く感じるころとなりました!

あちこちでは運動会や文化祭が開催されていますね~。皆様、楽しい週末をお過ごしですか?

さて、今日はこれから寒くなる時期に多い、子供さんの風邪症状への対処方法です。

最近、ちょっとした鼻かぜや喉の痛みなどですぐ小児科に行かれるお母さんが増えたように思います。
でも、少し考えてみてください。
ご自身の子供のころはどうだったでしょうか?

1970年代、1980年代頃は、ちょっと鼻がぐずぐずすると、
「ちょっとこれ飲んでいきなさい」と
お母さんがどこからか子供用の風邪のシロップを出してきて、飲まされた経験はありませんか?

たまに、学校を休みたくて仮病をして「熱っぽい」といったのに、
「これ飲んだら大丈夫や!」と
薬を飲まされて、学校に行かされた経験もあるのではないでしょうか?

それで問題は全くなかったはずなんですね。

で、それは今でも変わらないと思うのです。

むしろ、鼻かぜや喉の痛みなど風邪の初期症状が出ているときに、ウィルスの蔓延する外にでて、小児科に行って、すごく病人の気分にさせてしまうという方が、子供にとっては良くないのではないでしょうか。

そういう時こそ、子供用の風邪シロップを常備しておくのがオススメです。
年齢の近い兄弟がいる場合などは、両方の年齢で飲めるものを選ぶのも大事です。
また、市販のお薬はとても美味しい味がついていて、子供でもとても飲みやすくなっていますし、生薬が入っているものもあります。

また、粉薬でも幼児から飲める薬もあり、ヨーグルトやアイスクリームに混ぜて飲ませることもできます。


「市販の子供用の風邪薬は、沢山の成分が入っているからよくない。病院で症状に合ったものだけをもらったほうがいい」と思われるお母さんも多いようです。

でも、風邪の場合は複数の症状で出ることが多く、実際に「今現在は出ていないけど、明日には違う症状が出てくる」こともよくあり、複数の成分が入ったものを飲ませておくほうが、それらの症状の悪化を防ぐこともできます。

子供さんはお母さんの顔を見て反応します。
お母さんが心配そうな顔をして、「大丈夫?」と聞くと、「お母さんが心配しているから、きっと自分の病気は深刻なんだ」と思い、子供自身で気力を落とし、体力の低下、免疫力の低下を起こすこともあるのです。

少しの鼻水や痰、軽い咳、少しの熱や頭痛なら、家庭用の子供の風邪薬を飲ませ、必要であれば学校を休ませ、温かい家の中でゆっくり過ごさせて、お母さんが「あら、お薬が効いたね。大丈夫ね」と声をかけてあげられれば、子供さんの風邪は早く良くなります。


子供用の風邪薬をうまく利用してみましょう!


当薬局で「これは小児科に行ったほうがいい」とお勧めする場合は、

*いきなり40度近い高熱が出た
*咳がずっと止まらない
*下痢や嘔吐も伴う
*体の節々が痛い
*かなりぐったりして食欲が全くない
*数日、風邪薬を飲んでも全くよくならない
*微熱が続いている

などの場合です。
患者さんの状況によっては、上記以外でも病院の受診をお勧めする場合もあり得ます。


病院に行ったほうがいいかな、市販の風邪薬で行けるかな?どんな薬が飲ませられるかな?
そんな相談はいつでも薬局セブンファーマシーまでお越しください。

子供さん用の風邪シロップもちゃんとご用意してあります♪

処方せんが無くても、お気軽にご相談にいらしてください。