Translate

2014年9月4日木曜日

国際学会FIP参加2日目

会場が・・・寒い。
以前、FAPAというアジア大会でバンコクに来た時もあまりの寒さに、歯痛が悪化して大変だった記憶を思い出した!

会場にはfree wifiが設定されているのだが、これがいかんせん、つながらない。
繋がったと思ったら、ブチっと切れる。

カンボジアよりもインターネットの質が悪いんじゃないかと思ったくらい。

2日目は午前中は展示会と書籍販売場所のチェック。
ここで興味のある本が格安で買えるので、いつもチェックしている。

展示企業はいつもよりも「製薬会社向けの機器」や「研究室向けの実験器具類」が多かった。またDSKH やMEDIcareなどのアジアに広くマーケットを持つ医薬品卸会社の展示もあった。

しかし、中国の企業の製剤用機器展示・・・ふとみると・・SOLDの文字が・・え?ここで売ってたの?現物販売???

それって・・・今回はありなんやろか・・。

でも、ここだけだった。

展示会をうろうろしてたら、FIP会長のブフマン先生が笑顔で手を振ってくださってFIPのブースで迎えてくださった。
今回の学会で任期を終了されるので、記念に1枚♪

ポスターをチェックして12:00~discussion.

自分もポスター会場をうろうろ。
何かいい発表がないかなと散策。

午後からはPharmacy practice research のセッションへ参加。
薬剤師が患者のアドヒアランスに影響を及ぼすのかどうか。薬局や病院からの発表が沢山。
でも、わかったのはみんなアドヒアランスの指標に苦労しているということ。
どの国の研究者も同じ悩みをもってるんだな~と実感。


あまりの寒さに4時でリタイア!温泉に入りたい!!!あ~~でも温泉がないぞ!

2014年9月2日火曜日

国際学会FIP参加1日目

さて!今日から9月!
そう、学会のシーズンでございます!

当薬局の教育担当七海陽子が、今年も参加します♪

さて、かねてから乗りたかったBangkok Airwaysでバンコク到着。
いつもならカンボジアのプノンペンまで乗り継ぐことがおおく、素通りする空港ですが、今日は入国審査場へいって出口へ。
10年前にアジアの学術大会で来たときは、もうちょっと空港が小さくって、タクシー乗り場でぼったくりの白タクのお姉さんが誘っていた記憶があったのですが、今日でてみると至って普通!
無事にタクシーに乗りホテルへチェックイン。そのまま学会会場へポスターを掲示するので移動!

今回の会場はBITECという割と辺鄙なところにある会場。タイのメトロBTSの駅の近くとはわかっているが地図で見るとはっきりしないので、とりあえずタクシーと思ったら!!!
タクシーの運転手さんがちんぷんかんぷん!!
英語もからっきしだめで、文字で書いてもダメ。
結局、ホテルの最寄の駅の隣の駅でギブアップ。
そのまま仕方がないのでBTSで頑張ってみることに!
駅で尋ねたらどうやらBangNaという駅らしい。マップを見ると8駅も向こうだ・・・結構遠い。


駅の構造は比較的分かりやすくて、無事に乗車。
で・・・その言われた駅でおりてみたら・・・あれ?ここであってるの?
周りに予想していたような、大きな建築物が見当たらない・・・あれ??

駅を出る前に周辺地図を発見、見てみると・・あったBITECの文字が!!
よしよし...出口を確認して出てみると・・
あれ?こんな細い道やろか?
れれれ??と、半信半疑で歩いてみると・・・何やらコングレスバッグを持った人が歩いてくる。

すれ違ったら、、見つけた!入口!
ちっちゃ。


なんとなく裏口っぽい入口です。

入ってみると、それっぽい雰囲気が・・・でも、長いぞ、この廊下。


で、曲がってみると、さらに遠いぞ!!おい~~~

動く歩道がなかったら、絶対にしんどい距離です。
歩くこと10分ほど・・でようやく入口が・・・あれ?でも、裏口っぽい。


どうやら会場の正面玄関ではないらしい。


とにかく学会参加登録の場所を探さなければと下へ降りてみると、ありました~~♪
これが、毎年見慣れているFIPの参加登録場所です。

前もって参加していたらpre-registrationのところへ。メールに届いた登録番号を伝えると、自分の名前を入ったネームホルダーや参加申し込みをした場合のそのdinnerなどのチケットがすべて入っている。
事前参加申し込みをしていなかった人はon-site registrationへいってクレジット払いで参加申し込みができます。全日程参加もできますし、日にちを指定してone day registrationもできます。

今回の会場は展示会場の奥がポスターセッションです。

さて、掲示にいって、今日は展示会場を見学しま~す。