Translate

2016年10月27日木曜日

30年以上の販売実績!ナンデス。

今日、ご紹介するのは
当店自慢?の手作りのお薬シリーズ、「解熱鎮痛薬7号A」

薬局の職員の間では「7号」と略して呼んでいるお薬で、イブプロフェンが主原料の解熱鎮痛剤です。

手作りのお薬は名前のとおり「手作り」なので、錠剤は作れません。でも、この解熱鎮痛は「粉薬だからこその即効性」があり、リピーターもついているほどの売れ筋のお薬なんです!



オススメなのは生理痛や肩や背中の凝りからくるような緊張性頭痛。

イブプロフェンのほかにケイヒ(桂皮)とショウキョウ(生姜)の生薬が配合されていて、血流促進効果や冷え防止効果により、すばやく生理痛や頭痛を和らげてくれます。

実は、私も生理痛が酷くて、市販の薬や病院でもらうような薬ではあまり効かないのですが、この7号があれば、30~1時間ほどでピタッ!と時間を計ったように効いてくれるので常備しています。

海外出張の時も絶対に話せない薬になっています。

これから寒くなってくる時期に、生理痛や頭痛が酷くなる方には特におすすめ。

痛み止め、いろいろ試したけどこれといっていいのが無いというご経験の方も、ぜひ一度お試しください!

0 件のコメント:

コメントを投稿