Translate

2016年10月23日日曜日

救急箱を備えましょう

金曜日の鳥取の地震は本当にびっくりしました。
現地で被災された方にはお見舞い申し上げます。
早い復興を心からお祈りいたします。

さて、相次ぐ震災で「避難セット」なるものをご自宅に置いておられる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

では、お薬はどうですか?

ご自宅に緊急時に必要なお薬は置いてありますか?

80年代ころまでは皆さんのご自宅に「救急箱」はありませんでしたか?

風邪薬、痛み止め、胃薬、咳止め、下痢止め、傷薬、絆創膏、ガーゼ、包帯、などなど

そんな薬がご自宅にあって、「歯が痛い」っていうと「これ飲みなさい」といって母親から薬を渡された昔の記憶はないですか?

近年は、夜10時まで空いているドラッグストアが増え、自分で薬を買うよりも病院に行ったほうがいいという考えの方の増えてきて、自宅に薬を置いておくという習慣が減ったように思います。

あなたのご自宅にはそんな薬が入った救急箱、今ありますか?

「ちょっと咳がでてきたな~」
「急に外が寒くなってきて頭痛がする」

そんなときも、救急箱のお薬でチャチャっと速攻解決しましょう!


災害が起こった時も、軽い怪我や頭痛や胃痛も起こりやすくなるもの。
自宅に救急箱があるととっても便利!

風邪かなと思った時や、ちょっとした傷や頭痛、食べすぎやストレス時の胃痛は自宅の救急箱のお薬でチャチャっと直しましょう!

そんな時は薬局セブンファーマシーの手作りのお薬がお勧め!



どのお薬を置いておこうかなと思ったときは、いつでも薬局セブンファーマシーへお越しください!


0 件のコメント:

コメントを投稿