Translate

2017年2月11日土曜日

冷え性対策はこれからが本番です!

今年は奈良でも雪が観測される寒い冬になりました!

「今年、初めてしもやけになった」
「足の指がかゆい!」
「足が冷えて夜寝付きにくい」

そんな方も多いのではないでしょうか?

特に、「しもやけ」になった方は大変でしょう。
あったまろうとすると足の指さきや手指の先がかゆくてかゆくてたまらなくなります。
「かゆみを何とかしたい!」
そういう思いでメントール入りのかゆみ止めなどを使っている方も多いのではないでしょうか?

しもやけは一度なってしまったら、「かゆい時期を超えないと治らない」ということを覚えておいてください。
しもやけのかゆみは、冷えて滞ってしまった血流があったまることで流れるのが原因です。
つまり、「しもやけのかゆみは、’治る課程’」なのです!
だから、冷やしたり、スーッとするかゆみ止めなどを塗ると、塗った一瞬はかゆみが止まりホッとするのですが、しもやけそのものが治っているわけではないんです。

しもやけになった時は、「かゆい時期を早く終わらせる」ことが一番の近道!

そんなときにオススメなのが
薬局セブンファーマシーの手作りのお薬
「ニンジン・E散」

血流改善でよく知られている人参と、指先などの末梢血管の血液循環を良くするビタミンEが配合された飲み薬です。

体の中から血流改善をしますので、こたつや暖房でしもやけの手指を温めた時ほど「猛烈なかゆみ」にならずに、徐々に血流を改善し、しもやけの治癒を早めてくれます。

また、症状に応じて他の薬と組み合わせると効果的です。
いつでも薬局セブンファーマシーの薬剤師にご相談ください(^^♪
早くしもやけを直して、「かゆくならない春」を迎えましょう!

0 件のコメント:

コメントを投稿