Translate

2016年11月6日日曜日

冬の下痢は薬局セブンファーマシーの下痢止めで!

先日、ご家族の手術や入退院でお疲れのご様子の奥さまがいらっしゃいました。
もう80歳を超えられていますが、元気な方です。
でも、退院したばかりのご家族を抱えておられます。、

「急に下痢をしてしまって夜に4回も起きた」との事。

最近は「下痢はすぐに止めてはいけない」といような風潮がありますが、夏場の食中毒ではない場合や高齢の場合は、とりあえず下痢を止めることが大切です。
体力の低下と脱水を引き起こす可能性があるからです。

特に高齢の方の場合、食事の量が減ってくるので、腸管での栄養の吸収が悪くなると、急に体力が消耗されることもあります。

市販ではロペラミドの配合された下痢止めがよく見受けられますが、これは水道の蛇口をきゅ~っと閉めるような作用になり、高齢者にはあまりお勧めではありません。

腸に負担が少ないのは、収れん作用のある成分や吸着作用のある成分。

そこでオススメなのが当薬局の手作りのお薬「オウバク・タンナルビン・ビスマス散」

昔から使われていた成分で、安全、安心!

今回は高齢の方であるので、腸環境を早く基に戻してもらう目的で、市販の整腸剤を足して、飲んでいただくことに。




翌日、「すっかり下痢が止まって楽になった!」とわざわざ薬局に報告にきてくださいました。

当店の原点である相談薬局としての役割を果たせたようで、嬉しい出来事でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿